白ポスト写真館

全国各地の白ポスト写真を淡々と紹介していくblogです。白ポストを見かけた方はご一報ください。画像提供も歓迎。

小田原市の白ポストを形状別に分類してみる

小田原市白ポストを形状別に分類する

やるやると言って放置していた、小田原市内13基の白ポストを形状別に分類してみよう!という不毛な試みをようやく実行に移してみた。

大きく分けるとステンレス製のA型、スチール製で厚みのあるB型、スチール製で細身仕様のC型、以上3つのタイプに分類出来る。B型は更に2つのタイプに、C型に至っては5つのタイプに細分化が可能である。

では、実際の画像を見比べて頂きながら、小田原型白ポストの微細な違いの奥深さをご堪能頂きたい。

「小田原A型」ステンレス構造のイマドキタイプ

〇設置場所

小田原駅東口(A型)
小田原駅西口(A型)

〇特徴

いつでもピカピカ、錆び知らずのステンレス素材を用いた小田原市白ポストの最新タイプである。真新しく見えるが「広報おだわら(1994年4月15日号)の2P中段」によると登場は1994年とあり、20年以上の歴史を持つ白ポストである(代替わりはしているのかもしれないが)。

直方体の形状を持ち、天板部分が背面に大きく切れ込んでいるのが特徴。本体正面に描かれた、子どもたちを忌まわしき悪書から遠ざけようとする為政者側の白い手を図案化したシンボルマークが、なんとも印象的である。

〇寄贈元

いずれも「小田原松風ライオンズクラブ

小田原の白ポストの特徴として寄贈元が複数存在することが挙げられる。各種公共団体が、それぞれの予算を捻出して白ポストを供出したのだろうか。

f:id:nununi:20171104000742p:plain

小田原A型(左:小田原駅東口/右:小田原駅西口)

「小田原B型」は大容量対応の肉厚タイプ

〇設置場所

箱根板橋駅(B1型)<箱根登山鉄道>
下曽我駅(B2型)<JR御殿場線>

〇特徴

奥行きのある肉厚の大容量型である。どっしりとした台座を持ち、天板部分は前方に大きく傾斜している。回収用の取り出し口は向かって左側に設置されてている。

B型はカラーリングと固定用金具の有無から更に2種類に分類出来る。

B1型(箱根板橋駅)は、小田原型白ポストの基本カラー(赤、青、緑)が踏襲されており一目でそれと判る配色がなされている。台座部分は前方傾斜型。

B2型(下曽我駅)はB1型で顕著であった三色が用いられておらず、白色ボディに緑色のみ(その後青)のシンプルな塗装である。台座は撮影時は前方傾斜型であったが、のちに傾斜無しのタイプに改められている。また、本体上部の左右に固定用の金具が取り付けられているが、これは小田原の全白ポスト中、B2型にのみ見られる注目すべき特徴である。

〇寄贈元

箱根板橋駅(B1型)は「小田原市社会福祉協議会」と「善意銀行」。
下曽我駅(B2型)は不明。

f:id:nununi:20171103170046p:plain

左:小田原B1型(箱根板橋駅)/右:小田原B2型(下曽我駅)

「小田原C1型」は薄型ボディで前方傾斜型の台座を持つ

〇設置場所

井細田駅(C1a型)<大雄山線>
五百羅漢駅(C1a型)<大雄山線>
富水駅(C1b型)<小田急線>
栢山駅(C1b型)<小田急線>

〇特徴

スタイリッシュな薄型で、白地の本体に赤、青、緑の三色が配された、小田原の白ポストでもっとも典型的なタイプをC型とした。

C型のうち、前方にせり出した台座を持つものがC1型である。本体が薄くなった分、転倒のリスクは高まるわけで、安定性向上の視点からおろそかに出来ない工夫であると言える。

更に投函口を指し示す赤い矢印部分が長いものをC1a型(井細田駅五百羅漢駅)、逆にそれが短いものをC1b型(富水駅栢山駅)と無理やり分けてみた。前者は大雄山線設置であり、後者は小田急線設置である。設置路線によって、製造時期が異なり、結果として外観に差異が出たのではないかと推測している。

〇寄贈元

井細田駅(C1a型)は「小田原市社会福祉協議会」と「善意銀行」。
五百羅漢駅(C1a型)は「小田原白梅ライオンズクラブ」。
富水駅(C1b型)は「小田原喫茶業組合」。
栢山駅(C1b型)は「小田原白梅ライオンズクラブ」。

となった。寄贈元により形状の違いが出ているのではと思い、わざわざ書き出してみたのだが残念ながら寄贈元が同じだからと言って、形状や見た目も同一になるわけでは無いようである。

f:id:nununi:20171104000904p:plain

小田原C1a型 左:(井細田駅)/右:(五百羅漢駅

f:id:nununi:20171104000857p:plain

「小田原C2型」は薄型ボディで台座の前方せり出しが無い

〇設置場所

鴨宮駅南口(C2a型)<東海道線>
蛍田駅(C2a型)<小田急線>
国府津駅(C2b型)<東海道線>
早川駅(C2b型)<東海道線>

〇特徴

C型のうち、台座部分が前方にせり出していないものをC2型とした。C1型と比較して、省スペースであるものの、安定性に欠けるため、転倒のリスクが高まることが不安要素である。

C1型と同様に、投函口を指し示す赤い矢印部分が長いものをC2a型(鴨宮駅南口、蛍田駅)、逆に短いものをC2b型(国府津駅早川駅)としている。唯一早川駅に置かれているもののみ、転倒防止用にワイヤーで固定されていた。

〇寄贈元

鴨宮駅南口(C2a型)は「小田原白梅ライオンズクラブ」。
蛍田駅(C2a型)は「小田原市社会福祉協議会」と「善意銀行」。
国府津駅(C2b型)は「小田原市社会福祉協議会」と「善意銀行」。
早川駅(C2b型)は「小田原市社会福祉協議会」と「善意銀行」。

となった。寄贈元として「小田原市社会福祉協議会」と「善意銀行」が最大勢力であることは分かったが、形状の違いがなぜ出てくるのかについては、依然不明のままである。

f:id:nununi:20171104000851p:plain

小田原C2a型 左:(鴨宮駅南口)/右:(蛍田駅)

f:id:nununi:20171104000845p:plain

小田原C2b型 左:(国府津駅)/右:(早川駅

「小田原C3型」は薄型ボディで台座の前方せり出しが無く天板に傾斜がある

〇設置場所

鴨宮駅北口(C3型)<東海道線>

〇特徴

薄型の本体で、前方にせり出した台座を持たない点はC2型と同様だが、天板部分がフラットになっておらず、前面傾斜型の構造になっている点が相違点である。

〇寄贈元

小田原市社会福祉協議会」と「善意銀行」。寄贈元は同じなのに、同じ駅に設置されている南口タイプと、なぜにしてここまで構造が異なるのか悩ましい限りである。

f:id:nununi:20171104000910p:plain

小田原C3型(鴨宮駅北口)

無理やりまとめてみたが、法則性はあまり……

以上、小田原市内の白ポスト13基を見た目別に分類した結果である。正直言って、画像の切貼りをしたり、寄贈元を調べたりと、時間はかかったが、成果はイマイチというか、大した法則性も見いだせず、ぐぬぬという煮え切らなさだけが残った感。

しかしながら、小田原型白ポスト「微細な違いの奥深さ」を少しでも楽しんでいただければ幸いである。

なお、路線別のまとめはこちら。MAPもあるよ。

八浜駅の白ポスト

岡山県玉野市、八前駅の白ポスト

ここしばらく忙しくてなかなか更新できなかったが久しぶりに再開したい。

今回は以前に送っていただいた画像として岡山県玉野市JR西日本宇野線八浜駅白ポストを紹介したい。2005年撮影とのこと。

ホーム目の前に設置。直方体の小振りの白箱を丸い支柱が支えている。ミニポストといった面持ちで、収容量はかなり少ないのではないかと思われる。内容物を取り出す回収口は向かって左に設置されているようで、この部分にも庇が取り付けられている。

f:id:nununi:20171123004736p:plain

宇野線八浜駅白ポスト

ストリートビュー的に見てみるとこのような状態。距離があるので判別しにくいが、前面の文字がかなり消えてきてしまっていることが伺える。十年以上の歳月が経過しているので、かなり劣化が進行しているのかもしれない。しかしながら2005年の写真に見られる錆が落とされているので、頻繁でないにしてもそれなりに維持補修は行われているのかもしれない。

 少年警察協助員とは?

前面に記された「少年警察協助員」の文字が気になる。岡山では少年自らが白ポスト活動しているのだろうか?聞きなれない用語だが、青少年の非行防止を目的としたボランティア組織である模様。決して少年本人が警察を協助しているわけではないようなので注意が必要である。

その他の玉野市白ポスト事例

軽くググったところ、以下の物件がヒットしたので、埋め込み機能で引用させて頂いた。八浜駅タイプとは微妙に形状が異なるが、小型の直方体タイプであることは共通している。玉野市白ポストはかなり頻繁に中身の回収が行われているか、そもそもあまり投函数が多くないのかもしれない。

こちらについてもストリートビューでの確認を載せておこう。

瀬戸内海を挟んで岡山県香川県の沿岸部は白ポストの宝庫である。まだ見ぬ白ポストが多数埋もれているのかと思うと羨望を禁じ得ない憧れの地と言える。

 

 

 

阪神尼崎駅の有害図書類回収ポスト

白ポスト誕生の地尼崎

f:id:nununi:20171111130247p:plain

阪神尼崎駅

f:id:nununi:20171111105744p:plain

阪急尼崎駅の白ポスト

白ポスト発祥の地だけに微妙に尊重してしまい、紹介が遅れていたがこんな記事も出ていたので改めて取り上げてみたい(引用されている画像は尼崎型じゃなくて、ひたちなか市那珂湊駅の白ポストだったりするあたりちょっと残念)。

尼崎の白ポストについては2015年にこんな記事が産経に書かれている。

こちらは長崎県の事例だが、先行例として尼崎の白ポストについても言及されている。白ポスト界での尼崎は語らずに済ますわけにはいかない、重要な先行者の位置づけなのだろう。

尼崎市のHPによると市内には6基の白ポストが設置されている模様。

市内6箇所の主要な鉄道駅構内に「白ポスト」を設置し、有害図書の回収を行っています。
(阪急武庫之荘駅・阪急園田駅・JR立花駅・JR尼崎駅・阪神尼崎駅・阪神武庫川駅

尼崎市HP/有害環境浄化活動事業より

白ポストの誕生と尼崎市の関係についてはいずれ稿を改めてキチンと書いてみたいと思っているのだけど、いつになることやら。。

改めて尼崎市白ポストを見てみよう

今回紹介するのは6基あるうちの、阪神尼崎駅で発見した白ポストである。撮影は2012年。

材質はステンレス製で直方体タイプ。回収用の取り出し口は前面に設けられており、2つの南京錠で施錠されているあたり、他地域と比較して厳重な印象を受ける。天板は僅かに前方に傾斜しており、通常ゴミを捨てる者が後を絶たないのだろう、「一般ごみ投入禁止」の張り紙がされている。

f:id:nununi:20171111111436p:plain

左から見た図

こうしてよく見るとけっこう汚れている。錆びに強く、汚れも落としやすい筈のステンレス製のボディも、経年によるそれなりの劣化を受けている模様。

f:id:nununi:20171111111422p:plain

右から見た図

先ほどの尼崎市HPの記載によると、

平成13年5月に現在のステンレス製のきれいな白ポストに変身しました。
市内6箇所で成人向け雑誌などの「有害図書類」 を回収し青少年の有害環境浄化に活躍しています。

とのことなので、撮影時点で11年経過しているわけで、現在では更に劣化が進んでいるのかもしれない。

ここで引いた位置から撮った写真を一枚。改札を出た東西通路中にこの白ポストは設置されていた。

f:id:nununi:20171111111448p:plain

駅構内での位置関係はこんな感じ

白ポスト界(ってあるのかな)では尼崎は聖地なので、いつか残りの5基についても撮影しに行きたいところである。

※以下、2017/11/23追記

本当に尼崎は白ポスト発祥の地なのか?

ところで、尼崎が白ポスト発祥の地であるとする明確な史料は存在するのだろうか。

この点についてはウェブにおける白ポスト探究としてもっとも核心に迫ったと思われる取材記事「大人になった私が、白ポスト(=有害図書回収箱)について調べてみた」が良い仕事をしていた。この記事では白ポストの由来について尼崎市白ポストを管理している、尼崎市立青少年センターへの突撃取材を刊行していたのだ。

しかし掲載媒体のドアラジオそのものが閉鎖されてしまったようなので読めなくなっていたが、twitter(マサの先生さんのエントリ)アーカイブの存在を知ったので、当該部分のやりとりを紹介させていただく。

白ポストは尼崎発祥ということなんですが、その歴史について教えていただけますでしょうか?
「作られたのはだいぶ昔のことなので、正式な資料としては残っていません。 ただ年表によると、昭和36年白ポストが尼崎に設置されて、それが発祥になった、という記載があります。」

つまるところ、正式な資料は残っておらず伝聞推定の域を出ていないわけだ。かなり初期から尼崎に白ポストが置かれていたことは間違いないのだろうが、それが「発祥の地」であることを証明することは難しいのだ。

しかしこの尼崎の白ポスト年表が掲載されているらしい「補導のあゆみ」は超読みたい。尼崎市のHPを調べてみたけど、掲載されていた痕跡はあるのだが、リンク切れになっていた。現地に行けば閲覧させてもらえるのだろうか。気になる。

水戸駅南口の白ポスト【水戸の白ポスト9/9】

水戸市、最後の白ポスト

だらだら続いてきたこの不毛な旅もようやく大ラス。9つある水戸市白ポスト、全てを巡る行程もこれで最後である。若宮団地入口バス停より、再び茨城交通のバスに乗車(14:02)。30分程度の道のりを再び水戸駅に戻る(14:32)。目指す目的地は「桜川1丁目水戸駅南口東棟自転車駐車場脇」だ。到着したバス乗り場は水戸駅の北口なので、ペデストリアンデッキに上がり、南北横断通路を超えて南口側に移動する。

こんな記事も出ているくらいで、衰退著しい水戸駅周辺だが、

せめて駅の直下だけは発展させようと思ったのか、南口側の再開発がこの十年ほどで非常に目覚ましいことになっている。北口側にあった駅ビルエクセルの南館やシネコンユナイテッド・シネマ水戸、そしてヤマダ電機跡地に出来た新しい商業施設水戸オーパ(写真中央)等々、このあたりだけは県庁所在地に相応しい賑わいが残っているのだ。

 

f:id:nununi:20171106001053p:plain

水戸駅南口

お目当ての物件は南口を出て、ペデストリアンデッキ上を直進し、左手の階段を下りると視界に入ってくる。写真右手に見える建物は水戸市の駐輪場である。駅からは200メートル程度、歩いて数分の距離で「駅設置」の白ポストとするには、やや遠すぎる気もするが、「内陸部」の白ポストと断ずるのも躊躇う微妙な距離感である。

f:id:nununi:20171106001041p:plain

階段を下りると見えてくる

水戸駅南口の白ポスト

そしてこれが水戸市9つ目の白ポスト

直方体の本体に四角い支柱、台座は丸い。そして文字フォントはゴシック体であり、水戸市ならではのカクカクとした直線的なフォルムはもはやお馴染みの外観である。

f:id:nununi:20171106001016p:plain

水戸駅南口の白ポスト

右側面に落書きされた「一個人」がとても気になる。これはいったい何の意味あるのだろうか。

f:id:nununi:20171106001004p:plain

右から見た図

f:id:nununi:20171106003915p:plain

左から見た図

f:id:nununi:20171106000953p:plain

背面図

水戸駅の南口側に向かって撮ったのがこちらの一枚。駅ビルのエクセル南館との位置関係がわかりやすいかと思う。駅には直接接しておらず、道路一本挟んだ向こう側に白ポストは置かれている。

f:id:nununi:20171106001104p:plain

エクセル南館と一緒に

最後にストリートビューでも確認してみよう。あれ、ポストの向きが違ってる!こちらも2017年撮影のデータのようだが、水戸市白ポストは地面に固定されているわけでは荷ので、回収の度に向いている方向が変わる、などといった事が発生しているのだろうか。

水戸市白ポスト9基をコンプリート

ということで結局すべて紹介するの一か月以上かかってしまったが、水戸市の9つの白ポストの紹介がこれで完了した。内原駅到着(10:47)から、こちらの水戸駅南口まで(14:02)まで、3時間半足らずで9つ全てを回ることが出来た。我ながら完璧なスケジューリングである(笑)。以上、撮影は全て2017年8月のもの。

予定よりも早く終わったので、この後はひたちなか市阿字ヶ浦駅白ポスト撮影に向かうのだが、それはまた別の機会にお届けできればと思う。

ちなみに水戸市白ポストについてはまとめ記事を別途書くつもり、そして今回の9つに加えて、幻の10基目を紹介する謎の番外編も予定しているのでお楽しみに(している人いるのかな)。

若宮団地の白ポスト【水戸の白ポスト8/9】

若宮団地へ

次なる目的地は「若宮1丁目若宮団地入口付近」である。水戸駅北口の3番バス乗り場から若宮団地行きに乗車(13:30)。柳町、本町などの水戸の市街地を抜け、国道6号に合流。桜川と共に常磐線の線路を乗り越えると若宮地区である。団地の裏手には那珂川が流れており川向うはひたちなか市だ。終点の一つ前「団地前」で下車(13:52)。公営の集合住宅が立ち並ぶ、こちらはいかにも「団地」といった風情の街並みだ。

f:id:nununi:20171103012444p:plain

団地前バス停

水戸市公式HPのデータとは場所が違う……

お目当ての白ポストをバス停を降りるなり即座に発見。位置関係的にはこんな感じ。

f:id:nununi:20171103142751p:plain

団地前バス停との位置関係

しかし、この位置は水戸市HPに掲出されていたものと異なるのだ。以下に状況をまとめてみた。青い印が水戸市HPの示していた位置、赤い印の方が実際にあった位置である。

水戸市HPでは団地の中心部、16号棟の前にあるよう書かれていたが、現況はそうはなっておらず、団地前バス停を降りてすぐ前の広場に白ポストは置かれていた。もともとは青印の位置にあったのが移動したのか、それとも表記がアバウトだったのか、判断に苦しむところだが、発見の容易さ、投函のしやすさを考えると団地の入口に置く方が正しいように思える。

気を取り直して白ポストの紹介

さて、本筋に戻って若宮団地の白ポストの紹介である。直方体のボディに円柱型の支柱と、丸い台座、文字フォントは丸ゴシック。そして天板部が一枚板構造、支柱と本体の接続部分にはX字型の台座が用いられている。

天板部分の向かって右側は、何かにぶつけられたのか折れ曲がってしまっているのが悲しい。一枚板構造は衝撃にどうしても弱くなる。

f:id:nununi:20171103142919p:plain

若宮団地の白ポスト

f:id:nununi:20171103142841p:plain

右から見た図

f:id:nununi:20171103142855p:plain

左から見た図

そして背面図の取り出し口に注目である。取り出し部にシンプルながら愛らしい取っ手が設けられていた。これは河和田郵便局前の白ポストの構造と同一である。一枚構造の天板、X次型の台座も共通要素であり、この2基については製作者が同じなのではないだろうか。

f:id:nununi:20171103142906p:plain

背面図

住宅地にある白ポスト

以前にも書いたが筆者は内陸部設置の白ポストが大好きである。そして住宅地に置かれている白ポストは更に好みであったりする。駅や繁華街のような人出の多いところに白ポストが存在するのは効率を考えればわかりやすい話である。しかしながら平穏な住宅地に突如として現れる白ポストの存在感は格別である。日常の中に突如として現出する非日常感がたまらないのである。

f:id:nununi:20171103142804p:plain

団地群の中の白ポスト

特に今回目を引くのが、団地、給水塔、白ポストが三位一体となっておりなす絶妙の一体感であろう。団地の白に溶け込む白ポスト、そしてアクセントを添える給水塔。日常の中に、さりげなく溶け込んでいる非日常が興趣をそそるのである。

f:id:nununi:20171103142816p:plain

給水塔と団地そして白ポスト

こちらはツイン給水塔との一枚。

f:id:nununi:20171103142827p:plain

正面からもう一枚

ストリートビュー的にはこんな感じ。

 

先駆者がいた

若宮団地の白ポストは駅設置や、街中の白ポストと異なり、わざわざ来訪しなくてはお目にかかれない希少物件である。現地の方ならいざ知らず、そうそうこの白ポストを話題にしている方はいないかと思っていたら、既に先駆者がいらした。給水塔フリークの方に、既に補足されていた模様。給水塔の世界も奥が深いですな。

真ん中より少し下くらいの位置ね。こちらは2015年の来訪。二年前なので天板部分も折れ曲がっておらず、錆びも少な目で綺麗。

次はこちら!

水戸駅北口の白ポスト【水戸の白ポスト7/9】

水戸市白ポスト探索、終盤戦へ

全9基中、6基までを紹介してきたがいよいよ終盤戦に突入だ。7つ目の白ポスト水戸市HP情報に拠れば宮町1丁目ペデストリアンデッキ西側階段下にあるのだが、これはわかりやすく書けば水戸駅の北口」のことである。丸井や駅ビルのエクセル(但し本館の方)がある方と書けばより伝わりやすいだろうか。

中央郵便局から水戸駅までは700メートル程度、歩いて10分もかからない。水戸駅が見えてくる。「ペデストリアンデッキ西側階段下」は駅舎に向かって右側。バス停で言うと6番乗り場と7番乗り場の中間くらい。ペデストリアンデッキから降りてくるエレベータ乗り場の隣に目指す白ポストは設置されていた(12:20)。

こちらはポスト正面側から見た状態。ポストの後ろ側がロータリー。右にある柱がエレベータ部分だ。

f:id:nununi:20171029234918p:plain

水戸駅北口の白ポスト遠景

水戸駅は大きな駅なので駅前のロータリーもそれなりの規模である。わかりにくいかもしれないので、最初にストリートビューでの位置確認もしておこう。こちらではポストの背面から、つまりロータリー側からの視点となる。電話ボックスと、エレベータの間に白ポストがあることが判るだろうか。

水戸駅北口の白ポスト

直方体の本体に、方形の支柱、ゴシック体の文字というところまではお馴染みの外観だが、 台座部分はよく見てみると他とまったく異なる構造をしている。丸いか四角いかの違いはあれど、これまでに見てきた水戸市白ポストの台座は全てコンクリート製であったのだが、北口タイプは金属製なのである。しかも補強用に三角型のプレートが添えられており、これまで以上に鋭角的でシャープな印象を与えてくる。

f:id:nununi:20171029234905p:plain

水戸駅北口の白ポスト

非常にどうでもいい話だが、「白」の左下に張り付けられているイラストステッカーは「KRSW」とあることから尊師ーるではないかと推察される。

f:id:nununi:20171029234855p:plain

右から見た図

f:id:nununi:20171029234844p:plain

左から見た図

こちらは背面図。右側に見えるタイヤのステッカー、これもよく見てみると尊師ールであった。普及度合いスゴイな。この手のステッカーをベタベタ貼られてしまうのは、大きな駅に設置されている白ポストならではの試練である。

f:id:nununi:20171029234945p:plain

背面図

最後に2010年版との比較

こちらも再訪であるため、2010年撮影時のものとの比較を載せておきたい。中央郵便局前のものと同様にこちらもキレイになっている!台座部分は同一なので、やはりリペイントされたものと判断したい。

f:id:nununi:20171029234928p:plain

左:2010年往訪 右:2017年往訪

お次はこちら。

whitepost.hateblo.jp

 

穴吹駅の白いポスト

yadoさんご提供の徳島県白ポスト

水戸市白ポスト紹介の途中だが、同じような外観のポスト記事が続くと飽きるかと思うので、本日は四国地域、徳島県の物件をご覧いただきたい。こちらは2008年にyadoさんが撮影された画像である。yadoさんからは徳島県白ポスト写真を大量にご提供いただいており、今後も定期的にご紹介させていただく予定(yadoさんありがとうございます)。

なお、画像中の赤矢印とサイト名表記は恐縮ながら当方で入れさせて頂いたものである。

美馬市白ポスト

徳島県美馬市、JR徳島線穴吹駅に設置されている白ポストである。

四国に多い、プロパンガスのボンベのような、継ぎ目の無い滑らかなカプセル状の円柱形態を取っている。脚部は三点支持。投函口と回収口にはささやかな庇構造。「白いポスト」「悪書はこれに入れて下さい」の表記はペイントではなく印刷されたシートを貼りつけたもので、なかなかに興味深い仕様と言える。金属筐体へのしっかりとした塗装は素人の手には余るが、印刷されたものを貼るのであれば容易であったということだろうか。

f:id:nununi:20171029152646p:plain

穴吹駅白ポスト

駅舎と共に撮っていただいたのがこちらの画像。駅舎向かって右手、トイレの前に設置されていた模様。

f:id:nununi:20171029152652p:plain

穴吹駅外観

例によってストリートビューで最近の状態を確認してみよう。

現時点で確認できるのは2014年撮影のデータだが健在ではある様子。ただ経年による劣化で、「白いポスト」の部分が剥がれてしまっており、なんとも寂しい状態となっている。早急な回復を願いたい(というか、もう直っていると良いのだけど……)。