白ポスト写真館

全国各地の白ポスト写真を淡々と紹介していくblogです。写真提供募集中です。提供してもいいよ!という方、もしいらしたら、コメント欄、メール、Twitter等でお知らせください!

全国各地の白ポスト写真を淡々と紹介していくblogです。写真提供募集中。
提供してもいいよ!という方、もしいらしたら、コメント欄、メール、Twitter等でお知らせください!

関東鉄道常総線新取手駅の白ポスト

取手市白ポスト

本日ご紹介するのは茨城県取手市関東鉄道常総線新取手駅白ポストだ。JR常磐線取手駅から、関東鉄道常総線に乗り換えて三駅目が新取手駅国道294号線沿い、60年代に造成された住宅地「新取手」地区最寄の駅である。往訪は2010年3月。

駅舎を出て右手側、郵政赤ポストのお隣にその姿を発見することが出来た。水戸市や、ひたちなか市タイプと同様に、茨城県ではおなじみの直方体型の白ポストである。角形の支柱が支え、円形の台座を持つ。天板は薄い金属の一枚板で、これも茨城県ではよく見かける形状である。

f:id:nununi:20180716022612j:plain

新取手駅白ポスト

続いて左から見た図。経年劣化による赤錆びが各所に浮き出ていて、なかなかに痛々しい外観である。

f:id:nununi:20180716022607j:plain

左から見た図

そして右から見た図がこちら。郵政赤ポストとの位置関係がよくわかる一枚だ。隣接して置かれているが、決して目線を合わせない。白ポストと郵政赤ポストの関係性をよく表している一枚と言える。

f:id:nununi:20180716022616j:plain

右から見た図

最後に後ろから見た図。回収口が背面に設けられており、南京錠で施錠されているのが確認できる。外部鍵構造である。

f:id:nununi:20180716022603j:plain

背面図

いまはもう存在しない新取手駅白ポスト

改めて少し引いた視点からもう一枚。だいたいの位置関係が判るだろうか。

左手に見える花壇中央に位置している女性像は取手市長賞受賞作品の「the beauty」。静かに白ポストを見つめていた(投函しにくい)。この像は取手市内にある東京芸術大学取手校開校を記念して、同大の卒業・修了作品の中から、優秀な作品2作品に授与しいているものの一つだ。

ちなみに駅舎中央上部に見えるの目玉のような物体はフクロウを模している。こちらは取手市の鳥がフクロウであることに由来するらしい。新取手駅は各所にフクロウの意匠が用いられている。

f:id:nununi:20180716022558j:plain

新取手駅舎と白ポスト

そしてストリートビューでの確認(本稿エントリ時のGoogleデータは2017年)なのだが、なんと白ポストが見当たらないのである。

気になっていくつか、他の方の撮影例を探してみたところ、2010年7月の撮影で、既に白ポストが映り込んでいない駅舎画像を発見した。つまり新取手駅白ポストは2010年の3月~7月の間に撤去、もしくは移動されてしまったのである。

現在の取手市のHPを見る限りでは、白ポストに関する情報は掲出されておらず、市内の白ポストがどうなったのかは不明である。なお、筆者のストック分として、取手市内の西取手駅寺原駅で同形の白ポストを発見しているのでいずれご紹介出来ればと考えている。

 

東武鉄道佐野線田沼駅の白ポスト

東武佐野線田沼駅

栃木県佐野市白ポストを探すシリーズ二回目にして最終回をお届けしたい。往訪は2017年10月。前回までのお話はこちら↓

whitepost.hateblo.jp

佐野市白ポスト佐野市駅田沼駅の二か所に設置されていることは前回に述べた

f:id:nununi:20180714010717j:plain

田沼駅到着

佐野市駅からふたたび東武佐野線に乗り込み、北上すること四駅目が田沼駅だ。駅を降りてすぐに目につくのが、東側(写真だと右側)に展開するソーラーパネル群である。こちら側はどちらかという農地が多い地域のようだが、最近は農業だけでは立ちいかないのか、各地でこんな光景が増えている。太陽光発電はそんなに儲かるのだろうか。

f:id:nununi:20180714010713j:plain

田沼駅ホーム

ホームと駅舎は地下道で結ばれており、地上に出ると簡易のPASMO改札が出迎えてくれる。改札の奥の待合室部分、僅かに白ポストが垣間見えているのが確認できるだろうか。

f:id:nununi:20180714010708j:plain

田沼駅改札口

田沼駅白ポスト

お目当ての田沼駅白ポストは、改札を出て右手奥、待合室の隅っこに設置されていた。木製直方体型の低身長タイプで、取り出し口は向かって右、南京錠による外部施錠。佐野市駅に置かれていたものと同一形状と判断して差支えないだろう。

f:id:nununi:20180714010727j:plain

田沼駅白ポスト

こちらは、少し角度をつけて横手から見た図。右側にもたれかかっている金属製のラックはチラシ置き用の設置スペースだ。本当は角っこに置きたいのだろうが、白ポストの存在がそれを邪魔しているのである。鉄道事業者側として、この白ポストはもどかしい存在であるのかもしれない。

f:id:nununi:20180714010731j:plain

右から見た図

続いて上から見た図。佐野市タイプに共通した、堅牢性、密閉性を高める木材の組み合わせ構造が良くわかるのではないだろうか。また、材質が木材である故の、「割れ」が各所に生じてしまっており、設置されてから相当の年数を閲しているものと想像が出来る。

f:id:nununi:20180714010739j:plain

上から見た図

周辺状況を確認してみよう

続いて、少し引いた視点から確認してみよう。

まずは、待合室内での配置状況がよくわかるこの一枚から。きっぷの券売機や、チラシ置き用の金属製ラックとの位置関係が見て取れる。

f:id:nununi:20180714010722j:plain

待合室内での位置取り

続いて、駅舎の外から撮影したのがこちら。向かって左手の隅っこに白ポストは置かれているので、この角度からは確認が出来ない。

f:id:nununi:20180714010734j:plain

田沼駅

角度をつけてもう一枚。辛うじて白ポストが入口左手奥に見切れているのがわかるだろうか。

f:id:nununi:20180714010743j:plain

田沼駅舎 角度をつけてもう一枚

同じ角度からストリートビューでも検証してみよう。拡大して頂けると、白ポストの脚部が映り込んでいるのが確認できる。

佐野市白ポスト回収状況は?

佐野市のHPでは2015(平成27)年及び2016(平成28)年の回収実績が報告されているので、結果を紹介しておこう。

2015(平成27)年  124冊
2016(平成28)年 72冊

佐野市男女共同参画プラン[平成27年度事業実績報告書及び平成28年度事業実施計画書](PDF)p28及び
佐野市男女共同参画プラン[平成28年度事業実績報告書及び平成29年度事業実施計画書](PDF)p24より

人口約11万人の都市で一年間稼働した実績と考えると、非常に少なく感じる先日紹介した人口約23万人の茅ヶ崎市は、同程度の量を僅か一か月で(しかも白ポストは1基しかない)回収しているのである。

これはひとえに、白ポストが設置されている佐野市、田沼両駅の乗降客数が、あまりに少ないことに起因しているのではないかと推測できる。Wikipediaからの孫引きで恐縮だが(手抜き)、2016年、佐野市駅の年間状況客数は739人、そして田沼駅のそれは990人、かたや茅ヶ崎駅は56,066人なのである。

こうなると何故に市内で最大の乗降客数を誇るJR及び東武佐野駅に、白ポストを設置しないのかが気になるのである。同駅の乗降客数はJRと東武を合算すると7,000人を優に上回るのだ。

推測にすぎないが、これは茅ヶ崎駅の白ポストが市の表玄関である北口ではなく、比較的地味な南口に置かれていること、那須塩原市の3基の白ポストが揃いも揃って、にぎやかでない方の西口側に置かれていることと同様の現象と考えられないだろうか。

回収は行いたいが、市の目立つところには置きなくない。そこには、若年層に見せたくない、判る人にだけ伝われば良いという視点と、市外からの往訪者に対して見た目の体裁を繕いたいという意向が混在しているのではないだろうか。

アダルトコンテンツのデジタル化隆盛の昨今、アナログ媒体の回収に留まる白ポストの実効性はこれからも弱まる一方であろう。であれば、佐野市のような取り組みは、回収の規模を考えると、いずれ効率の側面から見直しが図られる時が来るのかもしれない。

東武鉄道佐野線佐野市駅の白ポスト

佐野市白ポストは2基ある

メチャメチャ久しぶりだけど、昨年行った栃木県内の白ポスト探索の続き(いまさら)。

whitepost.hateblo.jp

↑のあとのお話ね。那須塩原市小山市と続いて、今回は佐野市白ポストをご紹介したい。往訪は2017年10月。

佐野市が公開している資料によると同市の白ポスト稼働状況は以下となっていた。

白ポストの設置 通年 佐野市駅田沼駅

有害図書等を回収するため、白ポストを設置します。

佐野市男女共同参画プラン[平成28年度事業実績報告書及び平成29年度事業実施計画書](PDF)p24より

つまり、佐野市内の白ポストは2基。佐野市駅(←伏線)、田沼駅に設置されているわけだ。

佐野市白ポスト佐野駅にはない

というわけで小山から両毛線に乗り込み佐野駅へ。

佐野市は東西にJR両毛線、南北に東武佐野線が走っているが、その交差点がJR及び、東武佐野駅である。市の表玄関であり乗降客数も多く、駅舎も当世風の立派なものが建っている。こちらは佐野市役所側、メイン玄関である南口だ。

f:id:nununi:20180707100637p:plain

佐野駅南口

続いて佐野城址が公園化されている城山公園に面した北口がこちら。

しかしながらどちらの出口でも白ポストは発見できなかった。佐野市白ポストは市内最大の駅である佐野駅には無いのである。

あれ?白ポストないじゃん。ここで一抹の不安を抱いたわたしは、改めて資料を確認してみた。

白ポストの設置 通年 佐野駅、田沼駅

佐野駅佐野市駅は違うのかよ!あまりに初歩的な勘違いである。

f:id:nununi:20180707100643p:plain

佐野駅北口

佐野市」駅の白ポスト

佐野市駅東武佐野線の駅で、JR(東武佐野駅からは一つお隣。距離にして約1.5キロ程度か。あまり運行本数が多くないようなので今回は歩いて移動。佐野の市街地を抜けていくと、やがて、いい感じの木造駅舎に到着。こちらが本来の白ポスト設置駅である佐野市駅である。

f:id:nununi:20180707100628p:plain

東武佐野市駅

お待たせしてしまったが、お目当ての白ポストはこちら。

一見して衝撃を受けるのはその小ささである。これはカワイイ。成人男性の腰程度の高さしかないのだ。材質は木製で、直方体型の本体を四本の脚で支えている。思いっきりゴミが乗せられているあたり、えも言われぬ悲しみを誘う。

f:id:nununi:20180707100613p:plain

佐野市駅白ポスト

向かって右側から撮影したのがこちら。南京鍵による外部鍵タイプで、回収口がこちら側に設置されていることが判る。

f:id:nununi:20180707100703p:plain

右から見た図

続いて、向かって左から見た図。背は低いが、奥行きはそれなりにあり、相応の収納量を担保しているものと思われる。

f:id:nununi:20180707100605p:plain

左から見た図

そして上から。よく見て頂きたいのだが、天板と側面の板の接合部分、単に板を載せているわけではなく、互い違いの切り込みを入れた上で接合されており、かなり手の込んだ造形となっている。これによって密閉度、堅牢度がずいぶんと向上している筈である。

f:id:nununi:20180707100656p:plain

上から見た図

最後に引いた視点からもう一枚。駅舎に入って左手の壁面に接した形で白ポストは設置されていた。いかに堅牢に作られているとはいえ、木製の白ポストなので、さすがに屋外には置けないのであろう。なお、外部からは見えないので、いつものストリートビューでの確認は無しね。

 

f:id:nununi:20180707100620p:plain

佐野市駅待合室全体図

次回は、佐野市のもう一つの白ポスト田沼駅版をご紹介する予定。もうちょっと待ってね。

※2018/7/15追記 続編書いたよー

whitepost.hateblo.jp



予讃線本山駅の白ポスト

香川県三豊市白ポスト

香川県は三豊(みとよ)市、予讃線の本山駅にて発見された白ポスト。画像はlemondさん提供。2005年に撮影されたもの。四国に多い円筒型のボディを持ち、三本のか細い脚部で自立している。三本脚タイプは貴重な症例ではないだろうか。写真からは見えないが、回収口は背面にあるものと思われる。鉄錆びが随所い浮かぶ、なかなかに風格を感じる白ポストと言える。

f:id:nununi:20180701174740p:plain

ストリートビューで見てみるとこんな感じ。エントリ作成時のGoogleデータは2012年のもの。よく見てみて頂きたい。円筒型の形状は変わらないものの、脚部の形状が全く異なるのである。前面の意匠も異なり、その後リプレイスが行われた可能性がある。

三豊市白ポスト設置状況は?

白ポスト活動の盛んな四国の中でも、香川県はとりわけ設置数の多い県である。

広報みとよ2014(平成26)年7月号(PDF)によると、

「市内17カ所に白ポストを設置しています。42人の会員が毎月回環境浄化に努めています」

とあり、なんと17基の白ポストが稼働していることが判る。県庁所在地である高松市が13基であることを考えると、これはなかなかの規模と言える。

whitepost.hateblo.jp

 

三豊市白ポストについては、いくつか他にも撮影事例があるので、いずれご紹介出来ればと考えている。 

 

徳島線鴨島駅の少年を守るポスト

吉野川市白ポストシリーズ5回目

吉野川市の「少年を守るポスト」も今回で5回目。本日はJR四国徳島線鴨島駅白ポストだ。画像は2008年にyadoさんが撮影されたもの。

円柱タイプの自立型で、吉野川市モデルに顕著な特徴である庇部分のイエローペイントも確認できる。

f:id:nununi:20180624004446p:plain

少し引いた視点から、駅舎を入れた状態で取っていただいているのがこちらの一枚。駅舎に向かって左側の端っこに設置されているのが判るだろうか。

f:id:nununi:20180624004440p:plain

 ストリートビューで確認してみるとこんな感じ(エントリ時のGoogleデータは2014年)。6年を経過してもほぼ同様の位置に置かれているようだ。

吉野川市のその他の白ポストはこちら

西麻植(にしおえ)駅。

学(がく)駅。

山瀬駅

阿波山川駅

whitepost.hateblo.jp

吉野川市白ポストはあともう一枚、送っていただいたものが手持ち分としてあるので、いずれご紹介出来ればと思う。

本日はちょっと短めなのだけれど、今週は寄る年波になんとやらで眼精疲労がキツイのでこの辺で。歳は取りたくないものである。

東海道本線茅ヶ崎駅の有害図書追放ポスト

11年ぶりに茅ヶ崎

ネタにするのをすっかり忘れていたのだが、昨年茅ヶ崎駅白ポスト有害図書追放ポスト)を11年ぶりに撮影していたので、今更ながら記事にしてみよう。撮影は2017年。

なお、前回往訪の2006年バージョンの記事はこちらから。

whitepost.hateblo.jp

JR茅ヶ崎駅は神奈川県茅ケ崎市に立地する駅で、東海道本線及び、相模線の駅として利用されている。

まずは北口側から。駅ビルのLUSCA(昔はルミネだった)や、イトーヨーカドーヤマダ電機、そして茅ヶ崎市役所がこちら側にある。茅ヶ崎の繁華街といえばこちら側であろう。

しかしながら、このような状況の場合だいたいにおいて、白ポストは駅出口の賑やかな側にはないのだ。

f:id:nununi:20180609020839p:plain

茅ヶ崎駅北口

反対側の南口へ行ってみよう。こちらも随分と立派な駅前広場だが、それでも北側の華やかさに比べると落ち着いた感じがする。茅ヶ崎市白ポストはこちら、南側の出口に置かれている。右手に見える神奈中バス後方に黒ずんだ四角形型の「なにか」が鎮座しているのがわかるだろうか。 

那須塩原市の事例でも言及したが、駅の表玄関的な出口にはなぜか設置されず、反対側のどちらかというと目立たない側の出口に白ポストが置かれる事例が時々発生する。利用してほしいけど、目立たせたくないというアンビバレンツな設置者側の思いが垣間見られるようである。

f:id:nununi:20180609020916p:plain

茅ヶ崎駅南口

ストリートビューで少し違った角度から見てみよう。拡大しても明瞭に識別できるとは言い難いが同様の構造物の存在が確認できるかと思う。

茅ヶ崎駅有害図書追放ポストは木製

だらだらと引っ張ってしまったが、これが件の「なにか」。お待ちかねの茅ヶ崎市白ポストである。

パッと見ですぐ判るのが、本体が木製であることだろうか。これはかなり珍しい事例と言える。屋外の過酷な環境下に置かれることが多い白ポストは、耐久性、密閉性を考量し金属を素材として作られることがほとんどだからである。

f:id:nununi:20180609020908p:plain

茅ヶ崎駅有害図書追放ポスト

正面からだと構造がわかりにくいので、少し角度をつけた位置から撮影した画像を出してみよう。幅はかなり広いが、その分奥行は狭い。直方体の横長ボディ、支柱を用いない自立タイプだ。

f:id:nununi:20180609020859p:plain

角度をつけて撮影

投函部の拡大画像がこちら。奥行が狭いとはいえ、相応の収容量がありそうなこのポストだが、なんと中身はパツンパツン!見事なまでに満杯なのであった。この白ポスト、メチャクチャ活用されてるぞ!

手を伸ばせば中身に届きそうな程であったが、そこは大人の自制心である。白ポスト愛好者たる者、その内容物に手を触れてはならないのだ。

f:id:nununi:20180609020816p:plain

中身はパンパンである

本体前面には寄贈元である「稲岡ハウジング株式会社」の銘とメーカロゴが記されたプレートが掲出されている。同社は不動産会社であるようで、それだけに木材を扱うことが得意だったのであろうか。茅ヶ崎白ポストが木造である理由はひょっとしたらこのあたりにあるのかもしれない。

f:id:nununi:20180609020828p:plain

寄贈元は稲岡ハウジング

前回往訪時との違いは?

2006年往訪時と、今回の2017年往訪時の写真を並べて置いてみたのがこちら。経年に伴い外観が黒っぽく変色している。これは木製ならではの変化であろう。

f:id:nununi:20180609020853p:plain

前回往訪時との比較

それ以外にパッと見でわかる違いが3点ある。

1)ポスト正面右上に額のようなモノが掲出されている
2)運営団体の一つ「茅ヶ崎市青少年歩道連絡協議会」の表示が消されている
3)ポスト正面左上に掲示物が貼られている

これらの違いについて一つ一つ迫ってみよう。

回収結果が毎月報告されている!

ポストの前面、向かって右上に木製のフレームのようなモノが取り付けられているのが判るだろうか?拡大図がこちら。なんと律儀にも前月の回収状況が報告されているのである。なんという細やかな運用体制。市や運用団体のHomePage上で結果が報告されることは多いが、ポスト本体に結果が張り出されているのは初めて見た。しかも毎月である。

回収した書籍の冊数や、DVDの枚数だけならまだしも、総重量まで書かれている。毎月回収したブツを積み上げてその重さを量っているところを想像してみると、なんとも微笑ましいではないか。

f:id:nununi:20180609020806p:plain

前月の回収結果が報告されている!

なお、当然のことながら茅ヶ崎市はそのHomePage上でも回収状況の報告を行っている。以下、同ページからの引用。

有害図書回収
 現在、茅ヶ崎駅南口には、「有害図書追放ポスト」が設置されています。

 このポストは、子どもの非行防止と健全な育成を図るため、市内に氾濫している有害図書を家庭に持ち込まない運動の一つとして、駅を利用する通勤中の方々等に、有害図書類を投函してもらうことを目的に設置したものです。

 茅ヶ崎市では、昭和56年にポストを設置しておりますが、平成18年度からは青少年指導員の協力により、毎月回収を行っております。

 ポストの中には、雑誌やビデオ、DVD等が入れられており、、各種類ごとに数量を把握した後に、資源ごみ等として処分しています。

ポイントは三点。

1)茅ヶ崎市白ポスト茅ヶ崎駅南口の一か所だけ
2)設置開始が1981(昭和56)年
3)2006(平成18)年から青少年指導員による毎月回収が行われている

茅ヶ崎市白ポスト設置数は現在紹介している1基のみ。これは人口約19万人の小田原市が13基、お隣の人口4.8万人の寒川町が4基あることを考えると少なく思えるが、運用の手間を考えるとこれもアリなのかもしれない。その分毎月回収を行ってポストがいっぱいにならないように配慮しているのであろう。

また、「2006(平成18)年から青少年指導員による毎月回収」とあり、運用から「茅ヶ崎市青少年歩道連絡協議会」が外れたことが伺える。

市立図書館の返却ポストが気になる

もうひとつ気になったのがポスト本体左上部に掲出されているこちらの表示である。「市立図書館の返却ポストではありません」とあり、図書館の返却書籍が投函されてしまう悲劇を阻止すべく懸命のアピールがなされている。

f:id:nununi:20180609020755p:plain

市立図書館の返却ポストが気になる

茅ヶ崎市のHPの有害図書回収実績<平成27年度>(PDF)を見てみると、衝撃的な内容が記されていた。

5月 図書館の本7冊
8月 図書館の本13冊
9月 図書館の本14冊
10月 図書館の本1冊
11月 図書館の本1冊

なんと一年間で36冊もの図書館書籍が白ポストに投入されているのである!市民の娯楽や教養に寄与すべきこれらの書籍が、エロ本やエロDVDと同じ箱に投じられているとは、なんとも切ない状況である。これは確かに注意書きを書かずにはいられない状態であると言える。

では、本来の図書館書籍返却ポストはどこにあるのだろうか。白ポストに記された表示では

茅ヶ崎市立図書館の返却ポストは、茅ヶ崎駅自由通路・南側エレベーター西側にあります。(この上です。)

とあり、なんと先ほど下ってきた南口側の階段上にあるのだという。先ほど通ってきた場所ではないか。既知の存在であった階段下の白ポストにばかり目が向いていて、すっかり存在をスルーしていたようだ。これは実物を確認しなくてはなるまい。

これが茅ヶ崎市の図書返却ポストだ!

今回のオチ、というか結果。

どう見てもこちらの外観の方が白ポストである。

f:id:nununi:20180609020846p:plain

市立図書館の返却ポスト

オーソドックスな自立直方体型、内蔵鍵の前方取出しタイプである。確かに「図書返却ポスト」と明記されてはいるものの、外観的にはこちらの方こそまぎれもなく白ポストに見えてしまう。

階段下にある本来の白ポストが、なまじ材質的に暖かみを感じる木製であるだけに、茅ヶ崎市民的にはこちらこそが図書館書籍返却用のポストであると、誤認識をしてしまうのではないだろうか?

 

ということで、11年ぶりの茅ヶ崎白ポスト往訪記はこのあたりでおしまい。ツッコミどころが多くて久しぶりに3,000文字を超えてしまった。

おそらくこれで神奈川県内の白ポストは全て網羅できたはずである。が、先日寒川町のてんとうむし型白ポスト4基を再訪してきたので、そちらについても改めてエントリを立てる予定。それが終わったら、神奈川県の全白ポストまとめを作ろうかな。

常磐線神立駅の白ポスト

とらべるじゃーな!さんから白ポスト画像を提供して頂きました!

本日ご紹介するのとらべるじゃーな!さんからTwitterでご提供いただいた常磐線神立(かんだつ)駅の白ポストだ。茨城県土浦市白ポストとなる。筆者的にはこれまでに土浦駅荒川沖駅での存在を確認しているが(未だ紹介してないけど)、神立駅は未確認であった。とらべるじゃーな!さんありがとうございました。

とらべるじゃーな!さんのBlogはこちら。旅行好きで関東近郊中心に各地に出向かれているご様子(マジ羨ましい。。。)。わたし的な最近のお気に入り記事はコチラ。

横須賀出身者としては懐かしくて読ませていただきました。昔はイオン(ダイエー)も無かったし、ヴェルニー公園(旧臨海公園)も整備されてメチャ綺麗になって隔世の感がありますね。四半世紀も過ぎると随分と変わってしまう。

土浦市タイプの白ポスト

さて、それでは改めて神立駅白ポストをご紹介したい。画像は全てとらべるじゃーな!さん撮影のものである。

ポスト本体の縦横比に違和感を覚えるかもしれないが、スリムで細長いのが土浦市タイプの特徴である。円柱型の支柱と、高さのある丸い台座とあいまって非常にスタイリッシュな印象を受ける白ポストと言える。

f:id:nununi:20180616011216p:plain

神立駅白ポスト

横から見るとこんな感じ。間口は狭いが、意外に奥行があることが判る。

f:id:nununi:20180616011206p:plain

側面図

こちらは少し引いた視点から取っていただいた図。設置箇所は駅の西側。

折しも神立駅は駅舎の立て直しを行っているようで、駅舎からは少し離れた位置に置かれている。駅舎新築後には設置位置が変わる可能性がある。

f:id:nununi:20180616011211p:plain

位置関係はこんな感じ

ストリートビューでも確認してみよう。本エントリ執筆時のストリートビューのデータは2017年9月だが、既に駅舎の工事は始まっていたようだ。水戸寄りの跨線橋近くに設置されており、仮設駅舎からは少し距離があることが見て取れる(関係ないけど手前にあるどんどん焼き」が気になる)。

引き続き白ポスト画像を募集中!

他力本願でお恥ずかしい限りだが、当Blogでは皆さまからの白ポスト画像の提供をお待ちしております。画像を提供頂ける方はこちらから(メーラが起動)。

f:id:nununi:20180527194110p:plain

メーラが正常に起動しない方は、恐れ入りますが下記まで直接メールをお願い致したく……。その際、★マークは@に置き換えてからお送りください。

sayomaruziro★excite.co.jp

Twitterで話しかけて頂いてもオッケーです。