白ポスト写真館

全国各地の白ポスト写真を淡々と紹介していくblogです。白ポストを見かけた方はご一報ください。画像提供も歓迎。

小田原市の白ポスト、JR編

JR線の白ポスト探索

f:id:nununi:20170817184130p:plain

小田原市内の白ポストを路線ごとに紹介していく試みも今回がラスト。JR編である。ちなみにヘッダー画像の小田原駅は改修前の2000年に撮影したもの。わずか十数年前とはいえ、現在の近代的なオシャレ駅舎と比べると随分と変わってしまったものである。

小田原市内のJR駅(小田原駅除く)は、国府津、鴨宮、早川、根府川下曽我の5駅が該当し、白ポストの設置状況は以下となっていた。

なお、本調査は2006年及び2007年に実施したものである。

国府津 〇

設置アリ。改札内のコインロッカー脇にて発見。余談ながら国府津駅の駅舎は遠目に見ると学校のように見えてしまい一見すると鉄道的に見えない。

f:id:nununi:20170817185155p:plain

鴨宮 〇

設置アリ。まずは北口。こちらは階段下りて左手。横浜銀行のATMの脇にて発見した。

f:id:nununi:20170817185401p:plain

そして鴨宮は更にもう1基、南口にも白ポストが設置されている。こちらは駅前広場のエレベータ乗り場近くにて発見。

f:id:nununi:20170817185522p:plain

早川 〇

設置アリ。改札を出てすぐ。駅舎向かって左手にて発見。どうでもよい話だが、小田和駅を過ぎると途端にいい具合にノスタル感あふれる駅舎が残っているのがこの区間の素晴らしいところである。

f:id:nununi:20170817185738p:plain

根府川 ×

「ねぶかわ」と読む。設置無し。早川駅同様に郷愁を誘う木造駅舎であるが残念ながら白ポストは確認できず。ちなみに次の真鶴は真鶴町の駅となるが、念のためこちらも調査してみたが白ポストは置かれていなかった。ここまではJR東日本東海道本線の駅である。f:id:nununi:20170817185949p:plain

下曽我 〇

ついつい忘れてしまいそうになるが、御殿場線の駅。こちらはJR東海管轄である。オレンジ色に染め抜かれたJRロゴが神奈川県内では異彩を放つ。

白ポストの設置はあり。駅舎向かって右側に置かれていた。

f:id:nununi:20170817190242p:plain

まとめ

ということで、小田原市内のJR駅における白ポスト設置駅(小田原駅除く)は国府津、鴨宮(二か所)、早川、下曽我の4駅、5基であった。乗降客数も多いと思われるJR駅、非常に高い設置率であると言える。

なお、さすがにJRなので駅間の距離は長め(だいたい4キロはある)で、徒歩での確認はお勧めしない(いないと思うけど)。青春18きっぷのシーズンにサクッと見に行くのがリーズナブルな手段であるかもしれない。

次回から詳細編

個々の白ポストが具体的に映っていなかったり、画像が小さかったり、具体的に小田原の白ポストはどんな形状なんだよ!というツッコミというかストレスがたまっているかと思うので、次回からは各駅の白ポストを個別に紹介していく詳細編のスタートである。数的にすべてを紹介するには来月までかかってしまいそうであるが、順次紹介していくのでお楽しみに。

 

 

小田原市の白ポスト、小田急線編

小田急線の白ポスト探索

f:id:nununi:20170816011758p:plain

小田原市内の白ポストを路線ごとに紹介していく不毛な試み、第三回は小田急線である。撮影は2004年、2006年、2007年と散発的に行われている。
いちおう書いておくが、「小田急」はそもそも「小田原急行鉄道」であり、当然のことながら小田原市内を古えの昔より走っている。現在小田原市内に設けられた小田急線の駅は小田原駅を除くと、足柄、螢田富水、栢山の4駅が該当する。そして白ポストの設置状況は以下の通りとなる。

ちなみに、ヘッダー画像のLSEは2015年に新宿駅で撮影したもので、今回の調査とも小田原とも全然関係ないのだが、雰囲気重視ということで許して頂きたい。

足柄 ×

設置は認められず。当時は「白ポストの無い駅」に対する関心が薄く、不覚にも写真を撮っていなかったのでストリートビューで代替(こちらは2015年画像)。

螢田 〇

設置アリ。見切れてしまって申し訳ないが西口改札向かって左側にて発見。この駅では線路を挟んで反対側に東口が設けられているのだが、そちらでは確認できなかった。

f:id:nununi:20170816162036p:plain

富水 〇

設置を確認。蛍田とは逆に東口にて発見。西口では発見できなかった。

f:id:nununi:20170816013500p:plain

栢山 〇

「かやま」と読む。こちらも残念ながら遠景の絵が無いのでストリートビューより拝借(2015年撮影のもよう)。設置あり。右手奥に小さく白ポストが見える。設置は東口のみで、西口では設置を確認できなかった。

まとめ

ということで、小田急線における白ポスト設置駅は、蛍田、富山、栢山の3駅であった。

栢山から足柄まで、小田原市内の小田急線駅の駅間はいずれも1.5キロ程度ではあるが、実際には線路に沿って歩ける道が少なく、実際に歩くとかなりの消耗を強いられる(やって後悔した)。素直に鉄道で移動する方が得策であろう。

 

 

 

小田原市の白ポスト、大雄山線編

大雄山線白ポスト探索

f:id:nununi:20170812232048p:plain

小田原市内の白ポストを路線ごとに紹介していく試み、第二回は伊豆箱根鉄道大雄山線である。いずれも撮影は2006年。

小田原から終点の大雄山まで12の駅でこの路線は構成されているが、そのうち緑町、井細田、五百羅漢、穴部、飯田岡までの5駅が小田原市内の駅となる。大雄山線における白ポスト設置駅は以下の通り。

緑町 ×

小田原駅からの駅間はナント400メートル。ついつい存在を忘れてしまいそうになる駅である。白ポストの設置は無し。

f:id:nununi:20170812232115p:plain

井細田 〇

「いさいだ」と読む。ちょっとわかりにくいが白ポストはホーム上に設置されていた。

f:id:nununi:20170812232126p:plain

五百羅漢 〇

写真を見ると判るが「500 RAKAN STATION」である。マンションと駅舎が一体化している面白い構造の駅である。改札の外側、写真左手に白ポストの設置を確認。

 

 

f:id:nununi:20170812232554p:plain

穴部 ×

「あなべ」と読む。シンプルな一面一線構造の駅で、白ポストの設置は確認できなかった。

f:id:nununi:20170812232610p:plain

飯田岡 ×

ここまでが小田原市部分。残念ながら白ポストは発見できなかった。

f:id:nununi:20170812232601p:plain

まとめ

ということで、大雄山線における白ポスト設置駅は、井細田、五百羅漢の2駅であった。

箱根登山鉄道同様に、大雄山線も駅間が近く徒歩での探索も可能ではあるが、列車の運行本数も多いので素直に鉄道を利用するのがベターである。改札内に設置されている白ポストもあるため、乗車券の購入は必須であろう。幸い、大雄山線1日フリー乗車券「金太郎きっぷ」が存在するのでメッチャおすすめである。

 

小田原市の白ポスト、箱根登山鉄道編

箱根登山鉄道白ポスト探索

f:id:nununi:20170812021815p:plain

小田原市内に数多く存在する白ポストだが、今回はこれらを市内を走る鉄度路線毎に探訪していく。まずは箱根登山鉄道から。調査は2006年~2007年にかけて実施。

小田原から箱根湯本を経て終点の強羅まで、11の駅で構成されている箱根登山鉄道だが、このうち小田原、箱根板橋、風祭、入生田が小田原市内の駅となる。各駅の白ポスト設置状況は以下の通り。

箱根板橋 〇

駅舎向かって右手。駅舎入口の庇がギリギリかかるかどうかというあたりに設置されていた。

f:id:nununi:20170812014730p:plain

風祭 ×

設置無し。往訪当時、風祭駅は駅の改良工事中であった。

f:id:nununi:20170812014736p:plain

入生田 ×

設置無し。ちなみに「いりうだ」と読む。

f:id:nununi:20170812014722p:plain

まとめ

ということで、箱根登山鉄道における白ポスト設置駅は箱根板橋の1駅のみであった。

箱根登山鉄道は昼間帯でも1時間に3~4本の列車運行があり比較的確認は容易。また、小田原から箱根板橋までは4キロ少々の道のりで、各駅間はだいたい1キロ程度なので、徒歩でも十分探索可能である。 

小田原駅東口の白ポスト

南関東最大の白ポスト王国「小田原」編スタート

f:id:nununi:20170808231948p:plain

さて遂に小田原市白ポストを取り上げたいと思う。鉄道好きな方であればご存知な方も多いかと思うが、小田原は非常に鉄道が充実した自治体で、JR(東日本・東海・貨物)、小田急箱根登山鉄道伊豆箱根鉄道大雄山線)と6社の路線が乗り入れており、駅の数は18もあるのだ!

小田原市白ポストはこの18駅中、11駅で13基を確認している。

これからしばらくは小田原市内を走る、各鉄道路線ごとの白ポスト設置状況を報告すると共に、各駅の白ポストを紹介していきたい。

まずは小田原駅東口から

小田原駅の東口(小田原城側、新幹線じゃない方)を出て右手の階段を下りた先に設置されている。

f:id:nununi:20170808232133p:plain

2004年撮影。シンプルなステンレス製の直方体タイプだが、特筆すべきは正面に描かれたシンボル画像であろう。少年少女の目を覆う大人の手。白ポストのコンセプトをかくも見事に表した画像を筆者は他に知らない(たぶん)。

ちなみに白ポストの現在さんで知った「広報おだわら(1994年4月15日号)の2P中段」によると1994年に現在のデザインに切り替わったことがわかる。撮影時点で設置から10年が経過しているわけだが、さすがはステンレス製、耐久性という観点からスチール製と比較して圧倒的に有利であることが伺える。

なお、ストリートビューで確認するとこんな感じ。

画面左奥。茶色い壁の前に設置されていることが判別できるだろうか。この画像は2016年の撮影らしい。設置から20余年を経ても小田原駅東口の白ポストは健在であるようだ。

 

鰍沢口駅の白ポスト

第一次身延線白ポスト探索詳細編の最終回。山梨県西八代郡市川三郷町。JR身延線鰍沢口駅の白ポスト。2007年撮影。駅舎向かって左手に設置。屋外に置かれた白ポストだが比較的上位隊は良好であった。

f:id:nununi:20170729012213p:plain

近づいてみるとこんな感じ。

f:id:nununi:20170729012201p:plain

なお、wikipediaで確認したところ2016年に駅舎が改築されている模様。この写真で見る限り設置位置が動いてはいるものの、白ポストは健在であるようだ。

 

さてさて、これでようやく身延線白ポスト画像ストックをすべて紹介することが出来た。続いては中央本線の全駅訪問レポートへと進みたいところなのだが、山梨県タイプの白ポストはほぼ形状が同一であるため、さすがに連発すると辛い。

よって、しばらく間を開けるとして、次回からは南関東最大の白ポスト王国、神奈川県小田原市を往訪した際のレポートをお届けしたい。お楽しみに(どれくらいニーズがあるか不明だけど……)。

 

市川大門駅の白ポスト

第一次身延線白ポスト探索の詳細編。

山梨県西八代郡市川三郷町。JR身延線市川大門駅の白ポスト。2007年撮影。駅舎向かって左手の壁面に接した位置に置かれていた。

f:id:nununi:20170723175656p:plain

駅舎との位置関係がわかりやすい画像はこちら。屋外に設置されているせいか、かなり傷みが進んでいることが伺える。

f:id:nununi:20170723175647p:plain

上から見るとこんな感じ。天板部分は錆びだらけである。これだけ痛んでいると内部への浸水が心配になってくる。現在ではどうなっているか気がかりである。

f:id:nununi:20170723175704p:plain