読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白ポスト写真館

全国各地の白ポスト写真を淡々と紹介していくblogです。白ポストを見かけた方はご一報ください。画像提供も歓迎。

高月駅の白ポスト

Iさんからの頂きものシリーズ第二弾はJR西日本琵琶湖線北陸本線)、高月駅にて発見とのこと。2016年撮影。

f:id:nununi:20170522234722p:plain

高月駅滋賀県長浜市の駅であり、同タイプの長浜駅版もるだの塔さんで紹介されており、この形状が長浜市バージョンなのであることが推測される。

長浜市白ポストについては、近江毎夕新聞の記事(2011年04月26日付け)にて記事が掲載されている。

少し引用させていただくと、

長浜、木之本の両青少年センターは二十五日に、JRの長浜、木之本両駅の東口前に「有害図書類」を回収する鋼板製の箱「白ポスト」(高さ一㍍二十㌢、幅四十五㌢、奥行き四十㌢)を設置した=写真。同センターでは今年度中に、乗降客が比較的多い市内のJR駅や公共施設など計七カ所に設置し、毎月一~二回、ボックス内の書籍、DVD類などを回収、基本的に焼却処分する方針。

近江毎夕新聞 駅頭に「白ポスト」設置 青少年センターが「有害図書類」回収より

とあり、2011年設置とかなり最近からの導入であること伺われ、なかなかに興味深い。

長浜駅、木之本駅から始まった長浜市白ポスト設置は市内七か所まで増設するとしており、今回紹介した高月駅もその一環なのであろう。

そして、改めて長浜市のHPを調べてみたところで、現在では九か所にまで設置数が増えていることが判明した(2016年12月14日エントリ)。

白ポスト(JR7駅9か所:長浜駅東西口、田村駅待合室、虎姫駅出入口、河毛駅東口、高月駅東西口、木ノ本駅東口、永原駅出入口、余呉駅出入口、近江塩津駅出入口)を設置し、有害図書等の回収

長浜市HP 長浜青少年センター・木之本青少年センター

ということで、まとめると長浜市白ポスト設置状況はこんな感じ。

長浜駅東西口

田村駅待合室

虎姫駅出入口

河毛駅東口

高月駅東西口

木ノ本駅東口

永原駅出入口

余呉駅出入口

近江塩津駅出入口

2011年と、白ポスト導入としてはかなり後発組と思われるが、どの程度稼働しているのか気になるところである。

 

近江八幡駅の白ポスト

今日からしばらくは、頂きもの画像を何枚かご紹介したい。

こちらは滋賀県近江八幡市近江八幡駅白ポスト。2016年撮影。オーソドックスな直方体タイプの白ポストである。

画像は現地出向中のIさんよりご提供いただいた。持つべきものは友であるが、不毛な趣味につき合わせてしまってもうしわけない。Iさんからは他にも何件か画像を頂いているので、続けてご紹介していきたい。

f:id:nununi:20170522004221p:plain

三鷹市、5つ目の白ポストはここにあった!

市内5基中、4基まで発見したものの、最後の1つが見つからなかった三鷹市白ポスト。ようやく5つ目を発見したので報告である。 

つまり、市役所以外の3基は全て市政窓口前に置かれていることが判る。三鷹市HPによると三鷹市の市政窓口は4か所ありそのうち3か所は既に訪問済み。つまり最後の1つ、

三鷹駅前市政窓口(下連雀三丁目24番3-202号 三鷹駅前協同ビル2階)

に、設置されている可能性が高いのではないかと推測できる

上記のエントリでは、三鷹市5つ目の白ポストは「駅前の市政窓口」にあるのでは推測したのだが、いざ現地を訪れてみると成果はなし。というか、これまでの市政窓口と異なり、駅前の市政窓口は駅前ビルの二階部分を間借りした構造となっており、内部はとても狭く、さらに常時職員の皆さんの視線が注がれており、とても白ポストを置いて気軽に投函できるような空間ではなかった。

というところで、振り出しに戻ったのだが、Twitter白ポストが見つからない苦悩を訴えていたところ、三鷹駅前の白ポストなら消費者センターの前にあるよ」という地元の方からの情報をゲット。

さっそく現地に赴くとあっさり発見。三鷹市の消費者センターは三鷹駅前市政窓口の入っているビルと同じ路地、50メートル程奥に位置していた。あと少し先まで歩いてみれば発見できたのである。自らのチェックの甘さを悔いるばかりである。

ということで正解はココ!

三鷹市消費者活動センター(兼三鷹市三鷹駅前地区公会堂)(下連雀三丁目22番7号)

f:id:nununi:20170514015934p:plain

三鷹市の5つ目の白ポストをようやく確認することが出来た。ステンレス構造という点は変わらないが、デザイン的にはこれまで見てきた三鷹市の4基の白ポストと比較してかなり異なっており、これらとは違った思想の元に作られたことが伺われる。f:id:nununi:20170514015941p:plain

逆の角度から見てみるとこのような感じ。

f:id:nununi:20170514015937p:plain

 そしてGoogleストリートビューで見る設置状況はこんな感じ。駐輪している自転車に埋もれがちなので、投函するのはけっこう大変かもしれない。

 

 

 

 

祝一周年

上記のエントリを投稿したのがちょうど一年前の2016年5月13日。

ということでBlog開設(というか再開)から祝一周年!

社会的なニーズがほぼ皆無かと思われる不毛なブログながら、読んでいただいてる皆さま(いるよね)ありがとうございます。画像ストック的には新規撮影をしなくてもこのペースなら、まだ三年は戦える見込みなのでご安心。とはいえ、たまには撮影取材に出かけたいところ。

今後の予定としては、まずは、ずっと更新を放置している「三鷹市、5つ目の白ポストはどこにあるのか」の解決編を早く公開したい(実はもう取材終わってる)。それからあとは身延線の第一次ローラー作戦とか、山梨県内の中央本線の駅を全駅降りて白ポストを探した記録とか、関東地方における白ポスト王国「小田原」特集とか、なかなか時間が取れなくて実現できていないけど、おいおい公開して予定。長い目でお待ち頂きたい。

それでは、引き続きどうかよろしくお願いいたします!

西宮市の白ポスト回収状況

西宮市の白ポスト設置状況がわかった

前回は西宮市の白ポストとして阪急夙川駅構内に設置されているものを掲載したが、関連情報をググっていて、おもしろい記事を見つけたのでこちらもご紹介したい。

西宮市で市議をされている方による白ポストの活用状況報告で、貴重な回収状況の詳細が開示されている(素晴らしい!)。

西宮市内16箇所に設置されているこのポスト。
青少年に見せては良くないと思われる図書やビデオテープ・DVD等を回収する目的で、月2回、青少年補導課職員が有害図書類を回収し、焼却処分をしています。

西宮市議会議員はまぐち仁士HP/白ポストの謎①

ということで、西宮市にはなんと16基もの白ポストがあり、月2回のペースで回収が行われていることが判る。そして、更に素晴らしいのは詳細な回収状況が公開されていることだ。

西宮市の白ポスト活用状況は市のHPを調べると「平成26年度 次世代育成支援行動計画事業別進捗状況一覧(PDF)」みたいな形で情報開示をしてくれているのだけどいかんせん公開までに時間がかかる。市のHPでは未だ開示されていない2015年度(平成27年度)の情報が公開されていて嬉しい。加えて市のHPでは公開されていない図書とビデオ(DVD含)の回収数内訳まで開示してくれており、わたしが西宮市民だったら投票してしまいそうである。

過去五年間の回収状況をグラフ化してみた

2011年度~2015年度までの回収状況をグラフにしてみるとこんな感じ。

f:id:nununi:20170507020349p:plain

2012年度から2013年度にかけて25%増と、いきなり大幅増となっているが理由が気になる……。2013年度と2014年度はほぼ変わらずだが、2015年度は10%弱下がっている。このあたりはエロ素材のデジタル化普及に伴う影響が出ているのかどうか、悩ましいところである。

過去八年分の回収状況もグラフ化してみた

続いて、市HPの「平成25年度 次世代育成支援行動計画事業別進捗状況一覧(PDF)」から2010年度以前の情報を補って再度グラフ化したものがこちら。このデータでは図書とビデオ(DVD含)との内訳が開示されていないので合算値のみを表示した(緑色の棒グラフ部分)

f:id:nununi:20170507020348p:plain

こちらも2008年度から2008年度にかけて25%の大幅増となっている。何があった西宮市……。ともあれ、この八年間で多少の増減はあるものの、例年3,000~4,000点の回収が行われており、白ポスト1基あたり平均して200~250点のエロコンテンツが投函されていることになる。

これを単純に十二か月で割ると毎月20点前後となり、思っていたよりも少なく感じる(地域による程度の差はあると思うのだが)。この点、他の都道府県の取組みとの比較を今後出来ればと考えている。

 

 

 

阪急夙川駅の白ポスト

兵庫県西宮市、阪急神戸本線夙川駅の白ポスト。2007年撮影。
形状は直方体タイプ。白地の本体にゴシック体で記された青い文字。取り出し口はポスト正面下部にあり、南京錠がつけられているところがチャームポイント。そこはかとなくドラえもんの四次元ポケットを想起させられる(そんなのオレだけ?)。愛らしい姿ではないか。

内容物の取り出し口が、ポスト正面下部にあるものを「ドラえもんタイプ」と呼称することを提案したい(笑。

f:id:nununi:20170505010125p:plain

横手駅の白ポスト

秋田県横手市、JR奥羽本線北上線の横手駅構内で見つけた白ポスト。2006年撮影。

シンプルな直方体タイプで、白地のボディに力強い筆致の黒い文字。描き文字がしっかりしているとそれだけで白ポストの存在感は際立つ。

f:id:nununi:20170502003908p:plain

左斜め前から。こちらにも堂々たる筆遣いで「青少年を非行から守りましょう」と大書されておりインパクトは抜群。これは否が応でも目を引く

f:id:nununi:20170502003252p:plain